HOME > シミュレーション

シミュレーション

シミュレーション

シミュレーションしてみましょう。

「まず、国が支給されるであろう補助金が31万5000円。自治体の補助金に関しては場所によって多少異なりますが、世田谷区の場合は10万円。仮に当社 でのシステムを導入するとして、これらの補助金分を引くと、工事費・諸経費込みで386万0000円となります」では、実際に発電した電力を売った時に収 入として入るものとしてはどれくらいのものになるでしょうか?
パネルの各メーカーからも発表されていますが、例えば仮に9kWの太陽光発電システムの年間の総発電量は平均約9900kWhなので

9900kWh×42円=41万5800円

が1年で発電されることになります。

初期費用の約390万円は9年ほどで投資金は回収される計算になります。
しかし、太陽光発電システムが広がると売電価格は下がる可能性が高くなります。
結果として、太陽光発電システムの設置は早い方がお得になります。

各メーカの太陽光発電量シミュレーション

実際にどれくらいの発電がなされるのかは正直かなり気になるもの。
下に各太陽光メーカーが発表している。
発電量シミュレーターを紹介しておりますので、シミュレートしてみましょう!!
ソーラーフロンティア
ソーラーフロンティア

google mapを使えて便利にシミュレーション

詳細はこちら
京セラ
京セラ

産業用の発電量も調べられる優れ物!!

詳細はこちら
panasonic
panasonic

オール電化との相乗効果もわかります!!

詳細はこちら