HOME > 選べる電力使用3タイプ

選べる電力使用3タイプ

パターンA オーナーの家に送電する

オーナーの家に送電する

Aタイプは、アパートに設置した太陽光発電でつくった電気を、アパートと同じ敷地内に住まれているオーナーの家に送電できるものです。
オーナー宅の昼に使う電気代を削減し、余った電力については売電することによって収入を増やすことが出来ます。

【メリット】
その1 電気料金が安くなります
太陽光発電で発電時に電気を優先的にオーナー様の住居で使用しますので、毎月の電気代が安くなります。

その2 売電による収入が多い
もしも、昼間にあまり電気を使うことのないライフスタイルであれば、多くの売電収入が見込めます。

【デメリット】
オーナー宅がアパートと同じ敷地内に無い場合は利用不可能。

パターンB 入居者の電気代へ移す

入居者の電気代へ移す

Bタイプは、太陽光発電システムで作った電気を、住んでいる各部屋に還元することで入居者に使って頂くプランです。
昼間の電気代が多い、入居をしている人やこれから入居を考えている人にも魅力的なプランだと言えるでしょう。

【メリット】
その1 入居者の電気代に対するメリット
太陽光発電システムで発電した電力をそれぞれの部屋に接続しますので、入居者されている方の電気料金が安くなります。

その2 空室対策にも使える!
余った電力を様々な形で還元することで、通常のアパートと太陽光がついているアパートとの差別性を訴求できます。
結果的に付加価値の高いアパートとして入居率アップを狙えます。

【デメリット】
その1 初期費用がかかる
部屋ごとにパワーコンディショナーを設置する必要がある為、費用がかかる。

その2 入居者が変わる度に手間がかかる
入居する人が変わるごとに電力会社へ申請する必要があるので手間がかかる。

パターンC 入居者還元

入居者還元

Cタイプは、太陽光発電システムで作った全ての電気を売る事ができる非常に太陽光発電の優位性を存分に使えるプランで、最もオーナーにオススメのタイプです。

【メリット】
その1 売電収入が多い
発電する電力をほぼ全て売電することができるので、入居者に多くの経済的メリットがでます。

その2 投資回収が一番早い
全てのプランの中で一番、売電による収入が多くなりますので、投資回収は最も早くなります。

その3 活用方法が幅広い
売電収入を一度オーナーの元に入るので、入居する方や入居予定の方に様々な形で還元することが可能である。

【デメリット】
特になし。